社員インタビュー

小島 良介

部署
技術部第一課
入社日
H15年4月入社

2003年入社。現在は技術部第一課に所属。ポンプ設備のメンテナンスや、ダム管理、共同溝附帯設備修繕工事などを主に担当。

個人ではなくチーム。そういう本質を学べる環境が、近畿設備にはあると思います。

実家が電気屋を営んでたこともあって、電気関係の仕事には興味がありました。最終的には、大学の研究室の教授の薦めもあって、近畿設備に入社を決めたんです。

今年で勤続14年になりましたけど、長く続けてこれてる理由は、仕事自体の楽しさはもちろんですが、何よりも社内の雰囲気が良い、社員同士仲が良いというのが一番かもしれません。特に近年はそういう風潮が高まっているんじゃないかなって思います。

ただ仲が良いというだけじゃなくて、この会社には“先輩がしっかり教えてくれる”という社風があるんですよ。工事のこと、点検のこと、いろんなことを経験豊富な社員が率先して教えてくれる。特に教育制度があるわけじゃなく、自然にそうなってますね。

僕も入社当初は、工事の技術者って、一人で黙々と作業しているってイメージが強かったんです。でも、特に現場監督を任されるようになって気付いたんですけど、コミュニケーションが大事。大きな工事だと何人もの人が動くので、しっかりと連携をとらないと、良い仕事は絶対できないんです。そういうことが分かりだして、より一層、この仕事の楽しさにも気付くことが出来ました。

その中でも、僕が一番テンションあがる瞬間ていうのがあって、それは机上での計算・計画が、チームで協力していざ現場に落とし込んだ時に、ぴたっとはまった!そういう瞬間は本当に感動します。昔、トンネルの照明をLEDに取り換える工事を手掛けたことがあったんですけど、その時は通行止めにはせずに、車が通ってる中で今の照明を生かしながらLEDに徐々に換えていくという作業で、交通整理をしながら、事故のない状況をしっかりとつくり、その中での地道な作業を、何人かで役割分担して進めていきました。だから最後のLEDが光った瞬間、心の中でガッツポーズしましたね(笑)。

技術職というのは、力を合わせてものを創ること。個人ではなくチーム。そういう本質を学べる環境が、近畿設備にはあると思います。

野田 悠子

部署
技術部第一課
入社日
H28年11月入社

2016年入社。現在は技術部第一課に所属。ポンプ設備のメンテナンスなどを主に担当。

女性ならではの強み、きめ細やかさや繊細さが活かせる場面も沢山ある

学生時代から技術系の授業が好きだったこともあって、女性でも働ける技術職のお仕事を探してたんですよ。それで合同説明会に参加して、はじめて近畿設備の事業内容を知りました。その時に、当時の課長代理の方と事務の方に色々と説明を受けたんですけど、とにかく情熱が凄かったんです(笑)!こんな熱い人たちと仕事が出来たら絶対に楽しいだろうなと思いました。しかも技術職で正社員としても働けるということだったので、その時点で近畿設備で働こう!と決めました。そのあと面接を受けさせて頂いて、最終面接の時の社長の情熱は更に凄かった(笑)。それは今でも印象に残ってますね。

道具の名前や専門用語、もちろん計測の仕方とか、何から何までここで教えてもらいました。私が知らないことがあったら、みんなよってたかって(笑)色んなことを教えてくれるんです。それは社内だけではなくて、一緒にお仕事をする協力会社の人たちもみんなそうです。ほんとに優しいんですよ。はじめは技術職で入社したのに知識がないことを心配してたんですけど、全く大丈夫でしたね。当然、自分自身も努力して勉強するんですけど、それ以上に会社がサポートしてくれます。
あと、例えば緊急で対応しないといけないトラブルなどがあったときも、担当者だけではなく、部署やチームがみんなでサポートし合って対応している場面を何度も見ました。そういうチームワークの良さが近畿設備に入社して良かったなと思うところですね。

近い将来はやっぱり現場の責任者を任されたいです!先輩の田村さんが1年5か月で責任者として抜擢されたと聞いてますので、負けたくないですね!

近畿設備の仕事は、カタチとして目に見える成果が出る仕事だと思います。地図に載ったり、地名を検索したら出てきたり。そこが魅力的です。あと、私は女性なので、女性の技術者がもっと増えてくれたら嬉しいです!やっぱり業界的には男社会だとは思うんですけど、女性ならではの強み、きめ細やかさや繊細さが活かせる場面も沢山あるので、絶対活躍できると私は思います。ちなみに、作業着が汚れても、新しいのをすぐに支給してくれるところもポイントですね(笑)

田村 和也

部署
技術部第一課
入社日
H26年12月入社

2014年入社。現在は技術部第一課に所属。ポンプ設備など、機械設備の据付工事やメンテナンスなどを主に担当。

全てがカタチに残るから愛着も湧くんですよ。そういう楽しさみたいなものを共有していきたい

もともと大学時代から電気関連の学科を専攻していたこともあり、電気に関することに携われる当社の事業内容に興味はありました。それもあって、合同説明会の時に近畿設備のブースで色々と説明を聞いたんですよ。それがきっかけですね。最終的に入社の決め手となったのは、その後の面接です。面接官の人柄や、会社の雰囲気にすごく暖かさを感じたんです。

現在は工事を担当する技術者として働いています。ちょうど3年が経ちましたけど、入社当初はしんどそうな仕事かな?という印象が先行していましたけど、そんなことばかりじゃないですね。もちろん仕事なので、きつい時、しんどい時はあります。でもそれよりも、楽しさの方が多いです。

鍋谷峠(和泉から和歌山)のトンネル工事に携わる機会があったんですけど、その時は工期も長くて、7か月くらいですかね。こういう工事の時は直行直帰で現地に通い詰めて、週に1~2回は会社で書類整理をする、そういうサイクルでした。まだわからないことも沢山あったので、大変でしたけど、こういう仕事を経験出来たことで自信になりました。

現在の仕事は、道路など様々な場所へのポンプの据付工事が多いんですけど、入社してこれまでに一番印象に残っている仕事が、はじめて自分が責任者として任された枚方でのポンプの据付工事なんです。ちょうど入社1年くらいの頃でした。現場監督として、協力会社の方々ともやりとりしながら、すごく大変でしたけど、完成した時は本当に嬉しかったです!なんか愛着が湧くというか、今でも、ちゃんと動いてるかなって時々心配になったりして、時間があるときに見に行ってみようかな(笑)とか思いますね。

普段何気に目にする施設もあれば、全く人目につかない場所もあって、でも全てがカタチに残るから愛着も湧くんですよ。そういう楽しさみたいなものを、これから一緒に働いていく若い世代の方々とも共有していきたいです。